{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

Mindful Runner クラシックラフ Tシャツ:「ほんとうのランニング」に寄せて。

5,500円

送料についてはこちら

  • S

    ¥5,500

    SOLD OUT

  • M

    ¥5,500

    SOLD OUT

  • L

    ¥5,500

    SOLD OUT

  • XL

    ¥5,500

    SOLD OUT

  • XXL

    ¥5,500

    SOLD OUT

マイク・スピーノ『ほんとうのランニング Beyond Jogging : The Innerspaces of Running』(近藤隆文訳)を刊行してから、はやくも1年と少し!  たくさんの方々に読んでいただき、嬉しいです。これからもみんなで読んだり話したり、走ったりできればと思っています。 著者のマイク・スピーノ(キャプテン・マイク)も変わらず元気一杯です。昨年はジョージア州のベストランニングコーチにも選ばれてました。 いつか日本に呼びたいですね。 ▶︎ということで、『ほんとうのランニング』にインスパイアされたTシャツを作りました。 70年代に書かれた当時の新聞とか書籍の文字/活版の雰囲気で、「Mindful Runner」というワンポイントが黒いボディに入ってます。Mundful Runnerの下に小さく(C)mokusei とはいっていますが、かすれ気味だったり、ちょっと粗めです。そんな雰囲気も楽しんでもらえると嬉しいです。 ▶︎BEAMS(マキノサン、ありがとうございます!)の強力サポートで、リッキーのTシャツと同じボディでつくりました。 木星社のなかの人は、このボディのTシャツでUTMF、信越五岳トレイルランニングレースという二つの100マイルレースを完走しました。 コットンタッチながらも、つまり、レースで着用してもOKな、普段づかい&ランニングのハイブリッドTシャツです。 カラーは、「アブソリュート・ブラック」です。 若かりしキャプテン・マイクが最高の10マイル走をしたある日、みんなで家に帰る途中、芝生のグラウンドの近くで車をおろしてもらって夜の空を見上げたそうです。漆黒(アブソリュート・ブラック)の空に輝く星を見て、キャプテンはどんな感覚だったのだろうか——。 いろいろ話はつきませんが、本のほうは、今につながるスピリットを感じるもOK、時代考証やカウンターカルチャーの文脈から読むのもOK、社会やシステム、都市や自然のなかのランニングや私たちの物語として読むのもOK、とにかく多様な読みかたがあると思います。 読んだり着たり走ったり、ぜひ今年もみなさんごご一緒できると嬉しいです。 本やTシャツ、ポッドキャスト『Thursday - Vocalizing Emotions』、トークセッションなどなど、引き続き色々やりますので、どうぞお楽しみに。 ではではまた。 ーーー Tシャツは、レギュラーフィット、とてもプレーンなかたちです。クラシックな雰囲気です。 木星社のひとは、176センチ、66-67キロで、Lサイズでジャスト、XLでほんの少しゆとりあり、XXLでオーバーサイズで着ています。レースのときはL、普段はXLでほんの少しゆとりあり、大きめで着る(肩がおちるくらい)ときはXXLという感じです。(レース中の写真は、Lです(同じボディでプリントなし)。) 木星社のHaru 155cmは、Lでだいぶ大きめで着ています。 素材:ポリエステル 100% VORTEX®糸天竺 サイズ 身丈 身幅 肩幅 袖丈 S 65 48 45 19 M 68 51 47 20 L 71 54 49 21 XL 74 57 51 22 XXL 77 60 54 23

セール中のアイテム